"まち"を建築を身近にするサイト

本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROを調査してみた!!


まちづくりをやっている以上、今の建築だったりホテルだったりカフェだったりアートだったり展覧会だったりと、際限なくいろいろな現代の情報を知るべきだと、あちらこちらに視察を兼ねて足を運びます。

BOOK AND TOKYOというのは、本と東京、そして本大好きな日本人のため、「それなら本と泊まれちゃえばいい!!!」そんなコンセプトの元作られた、ホステルです。

では
旅人に人気の泊まれる本屋-!!
BOOK AND BED TOKYO IKEBUKURO-に潜入してみた!!!
です。


です。最後まで是非御覧ください(*´`)


この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい




【1】:本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-IKEBUKUROを調査してみた!!


まずは基本情報からです!!!!



BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKURO


住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目17−7 ルミエールビル 7階
HP https://bookandbedtokyo.com/tokyo/index.html
TEL 03-6914-2914
料金 STANDARD ¥4,600~/1泊
COMPACT ¥3,800~/1泊
STANDARD (woman only) ¥4,800~/1泊

COMPACT (woman only) ¥4,000~/1泊
CAVE (woman only) ¥3,300~/1泊
※土日祝前日などは変動ありチェックイン 16:00~
チェックアウト ~11:00

アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます。
※全て税抜き価格になります。
支払い クレジットカード
サービス ・Wi-Fi 利用無料
・貴重品用ロッカー
・ソープ類無料
・タオル無料
・ドライヤー貸出し(24:00〜7:00 までは使用できません)
・荷物預かり チェックイン前、チェックアウト後(16:00まで可能です)
・耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/pages/Book-and-Bed-Ikebukuro/100373968125596
Twitter https://twitter.com/BOOKANDBEDTOKYO

 






【2】:BOOK AND BED TOKYO-の種類について


BOOK AND BED -についてもちゃんと調査。

既に6箇所もあります。でも単純に系列店でどこも同じという訳ではない。
設計者(デザイン監修者)が違います。

建築は設計者によって全く違うものとなるところが面白いところです。
ここでは内装デザイン(設計者)の方々をご紹介します。


IKEBUKURO
(東京-池袋)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
SHINJUKU
(東京-新宿)
Indigo 軍司沙織
ASAKUSA
(東京-浅草)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
KYOTO
(京都)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
SHINSAIBASHI
(大阪-心斎橋)
INTENTIONALLIES
FUKUOKA
(福岡)
Maf(maf)前川敏也

初回の店舗をやった谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICEが6店舗のうち3店舗のデザインをやっています。

建築やインテリアの面白い所は設計者(デザイン監修者)が違うと全く違うデザイになるのが面白いところですよ。



2-1:SHINSAIBASHIのデザイン



SHINSAIBASHIだけ空間を白で統一しているんです!!

SHINSAIBASHIの記事はこちらから⬇

まちづくりマガジン
1970.01.01
まちづくりマガジン
https://www.kiwi-town.com/hotel/book-and-bed-tokyo-shinsaibashi-part1/
まちづくりマガジン
1970.01.01
まちづくりマガジン
https://www.kiwi-town.com/hotel/book-and-bed-tokyo-shinsaibashi-part2/


SHINSAIBASHIは本のページが天井にぶら下がっていたりと本好きにはたまらないようなデザインになっています!



2-2:FUKUOKAのデザイン



こんな感じです。

FUKUOKAは天井に本のインテリアがありません。
池袋に行ってこちらに行ったらもしかしたら、少しインテリア的には物足りないと感じつつも、実は落ち着いて本が読める空間かもしれません。

本好きの方は是非行き比べてみると面白いですよ!!


Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【2】:BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROを調査してみた!!



ビルの8階に、BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKURO
(以下IKEBUKURO)はあります。

受付は写真を撮っておらずありません(._.)
いざ潜入したらこの本棚の風景が広がっています!本好きの人には嬉しくわくわくする風景です!


本のアミューズメントパークだね!!

うん!!本が好きな人が本とともに24時間ずっと一緒にいれる本のための空間。それがBOOK AND BED-TOKYO-だよ!

WIFIも本のページに記載されて壁に貼られています。
こういう空間操作も、本好きのテンションをあげてくれます!



洋服やキーホルダーなどオリジナル商品なども販売をしています。



サインもゴールドで格好良くて良かったです。個人的に好きなゴールドでした。



フロアは2層で別れており、ICカードでセキュリテイされているので、基本的に外出は自由です。

なので、外で自分で食べたいものを買ってきてオーブントースターで焼いて食べるのもよしです。受付でお酒なども購入はできます!



外人さんも多いです。
日本発祥の場所なので外人受けはとても良い場所になっています。



2-1:インテリアにも注目してください!!



天井には本が吊られています!
本好きには嬉しく、ワクワクするインテリアと空間です!



もしかしたら、自分の好きな本がインテリアになっていたりするかもしれないので、そういった発見も面白いかもしれません。なので是非天井の本を見上げてみてください。




Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです⬇

・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【3】:宿泊空間と水回りはこちらです!!



宿泊する場所はこの本棚の向こう側です

ではいってみよう!!



ホステル機能としての内部空間(就寝空間)は約1200mm ×2000mmの広さの空間です。自分の荷物はロッカーにいれて貴重品だけ持ち歩く。そこは普通のホステルと同じです。



本棚の中に住め、好きな本と新しく出会える本それをゆっくりと読みながら寝ることも出来る本好きの為の場所がBOOK AND BED-TOKYO-です。



水回りは、シャワー室3つに、洗面は4つ。全て共同です。



Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです⬇

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【4】:インスタグラマーが沢山写真を撮っています!!


ここはインスタ映えな写真がたくさん撮れるので人気のスポットでもあります。こちらを見てください⬇


この投稿をInstagramで見る

⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑ ・ ・ *Location:Tokyo / Japan *Camera :Sony α7RIII *Lens:SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art ・ ・ お団子良い👍 こないだポトレ界隈で 好きな髪型ランキングだしてて お団子が2位で 1位がポニーテールでした(笑) たぶん4枚目の写真の瞳に自分写ってるんやろな〜 最近のカメラ解像度良すぎて怖い(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル ・ ・ #bookandbedtokyoikebukuro #bookandbedtokyo ・ ・ ⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑⁑ #good_portraits_world #japan_portrait_club #jp_portrait #LBJ_portrait #sonyportraits #関西写真部SHARE #月刊8月のクリスマス #jp_mood #lovers_nippon_portrait #tokyocameraclub #東京カメラ部 #love_bestjapan ・ @sonyportraits @sigmaphoto

Yo-ta(@yo_ta_photo)がシェアした投稿 –


インスタグラマーさんやモデルさんがこのBOOK AND MED TOKYOを使ってインスタ映えな写真を撮られています。

なのでいつもと違う写真を撮りたい!という方は是非足を運んでみて写真を撮ってみてください!!


みんなでインスタ映えな写真を撮ろう!!



【5】:さいごに



いかがでしたでしょうか?

本好きの旅人やカップルに「本」との出会い発見を与えるホステル。


英語版の漫画だったり英語の本だったり、ここにきて「本と出会う」場所です。自分だけのここにしかない本があるかもしれませんよ。そういう出会いも大切だと思います。

特別お金も高くなく私の時は7000円くらいでした。終電を逃した「ビジネスホテル」はあんまりという方にもおすすめです。

もう一度詳細を⬇



BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKURO


住所 〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目17−7 ルミエールビル 7階
HP https://bookandbedtokyo.com/tokyo/index.html
TEL 03-6914-2914
料金 STANDARD ¥4,600~/1泊
COMPACT ¥3,800~/1泊
STANDARD (woman only) ¥4,800~/1泊

COMPACT (woman only) ¥4,000~/1泊
CAVE (woman only) ¥3,300~/1泊
※土日祝前日などは変動ありチェックイン 16:00~
チェックアウト ~11:00

アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます。
※全て税抜き価格になります。
支払い クレジットカード
サービス ・Wi-Fi 利用無料
・貴重品用ロッカー
・ソープ類無料
・タオル無料
・ドライヤー貸出し(24:00〜7:00 までは使用できません)
・荷物預かり チェックイン前、チェックアウト後(16:00まで可能です)
・耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/pages/Book-and-Bed-Ikebukuro/100373968125596
Twitter https://twitter.com/BOOKANDBEDTOKYO

 






旅行に行かれる際のご予約・Booking.com がおすすめです✈✨↓


 

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

BOOK AND BED TOKYO SHINSAIBASHI の記事はこちら⬇

まちづくりマガジン
1970.01.01
まちづくりマガジン
https://www.kiwi-town.com/hotel/book-and-bed-tokyo-shinsaibashi-part1/
まちづくりマガジン
1970.01.01
まちづくりマガジン
https://www.kiwi-town.com/hotel/book-and-bed-tokyo-shinsaibashi-part2/

↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏本好きに人気の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

きういの”まち”づくりについては下記から↓

❏本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介




28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 


読んでいただきありがとうございました!


まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 


では、ホテルやカフェや建築の紹介、きういがまちづくりの活動をしている大分県日田市のまちのブログを更新していきますので引き続きお楽しみに。





SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です