"まち"を建築を身近にするサイト

元クロネコヤマト倉庫のメルボルン出身のおしゃれカフェ【CIBI】-東京に行ってみた!


CIBI


たまには、温かいコーヒーや面白いカフェに行きたいと思うあなたのために今回はカフェシリーズの

元黒ネコ倉庫のメルボルン出身のおしゃれカフェCIBI-東京に行ってみた!!


です。最後まで是非御覧ください(*´`)


この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい








【1】元クロネコヤマト倉庫のメルボルン出身のおしゃれカフェCIBI-東京に行ってみた!!

CIBI-HPより画像引用

まずはCIBIの詳細から


【CIBI】

【HP】 https://www.cibi.jp/
【住所】 〒113-0022東京都文京区千駄木3丁目37-11
【営業時間】 08:00 ~ 18:00 
【TEL&FAX】 03-5834-8045
【Facebook】 https://www.facebook.com/cibitokyo/
【instagram】
https://www.instagram.com/cibi_tokyo/
【online store】
https://cibitokyo.thebase.in/



そもそも、CIBIとは?
日本人のオーナーがオーストラリア・メルボルンでオープンしたコンセプトストア「CIBI(チビ)」。

コンセプトは【ライフ(生活)を楽しくする”】

です。カフェで美味しいごはんを楽しみ、その場所で雰囲気を楽しみ、個性的な物と出会える。そんな場所が東京・千駄木に上陸しました。


【2】【CIBI】は元々は倉庫です!

CIBI入り口

こちらの倉庫、実はあのクロネコヤマトさんの宅急便の倉庫だとのこと。
だから外装も倉庫っぽい!それでは中へ!!


CIBI店内

内部空間はまさに倉庫!倉庫は、コンクリート打ちっぱなしの壁だったり古い扉の枠、そして天井高が特別高いのが特徴です。

基本的に倉庫の機能は(資材などそういったものも置ける場所)
なので人の居住空間ではなく、住宅で必須の断熱などがないんです。

そんな滞在しにくい空間をリノベーション(改修)をし、「木」で温かい空間をつくりだしたのが今回のこの【CIBI】です。


写真右手はカフェで飲み物やパンなどごはんの注文ができ、左手前はSHOP、その奥がフリースペース(カフェスペース)になっていました!



レジの横にはこういった募金のようなものが。【チップ】置き場ですかね。
コアラが愛くるしいです。


【3】長居したくなる空間です

CIBI

写真のように日本人より海外の方が多いです。
アジア系の方々だったり、フランス系?の方々だったり色々な方々が訪れられているのがわかります。

私が行ったのはちょうどお昼時でだいぶ賑わっておりましたが、
実はこの「CIBI」は毎朝8時にオープンします。

なので、朝から元気になれるような朝食が用意され、仕事仕事前の朝ごはんやコーヒーを求めて来るお客さんがとても多いとのことです。


【3-1】CIBIの『あそび』ポイント


『あそび』ポイント

ここで個人的な私の気になった「あそび」ポイントを一つ。
トイレはカフェの横にあるスペースからトイレに入っていくのですが、どこだかわかりますか??


『あそび』ポイント

「木」にフックを取り付け、木製の棒(バー)を流してカーテンを取り付けています。

これだけです!でも、こういう遊び心がところどころに散りばめられていて良いなと個人的に思いました。こういう建築(建物)の部材の納まりを見るのは建築設計をやっているからこそです。


空間を見るとどうやって出来ているのか?どの部材をどう切っているのか?などなど細かいところまで目をむけてしまうのです。

職業病だな!笑✨


トイレのペーパーホルダー

これはトイレのペーパーホルダーですが錆びついているのを敢えてそのまま使う。こういうのもリノベーションの醍醐味でもあります。

古くなったからといって捨てずに変えずに残す。

とても大事なことです。


【4】まちに開かれたみんなの『居場所』です!


CIBI店内

私が訪れた時間はお昼真っ最中で席も常に満員状態でした。


柚子レモネード

私が注文したのは【柚子レモネード550円
とてもさっぱりしていて美味しかったです。


店員さんも休憩に

柚子レモネードを飲みながらのんびり休憩していたら店員さんも休憩に。

『お疲れさまです!』

本・アンティークの家具・古い倉庫
そんな空間が見事に合っていてなんだか『ホッ』とする場所です。


CIBI

入り口には座れる場所だったりカウンターが外部の壁にくっついたりもしていて遊び心もあります。


CIBI外から

自転車で来た方は外に座ったり、近所のおじさんが座りに来てコーヒーを外で飲んだりも出来るのがこの場所のよいところです。

地域の人に愛される場所。
それがこのCIBIの良いところであり魅力であり

『まちの人が来やすいカフェ』=『まちに開かれたカフェ』

なんだと思います。


【5】さいごに


CIBI店内

いかがでしたでしょうか?
休日にたまには『外でゆっくりのんびりしたい』そんなかたにおすすめなカフェですよ。

最後に詳細をもう一度。


【CIBI】

【HP】 https://www.cibi.jp/
【住所】 〒113-0022東京都文京区千駄木3丁目37-11
【営業時間】 08:00 ~ 18:00 
【TEL&FAX】 03-5834-8045
【Facebook】 https://www.facebook.com/cibitokyo/
【instagram】
https://www.instagram.com/cibi_tokyo/
【online store】
https://cibitokyo.thebase.in/



私がいつも写真を取っているカメラは

SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです📷↓


created by Rinker
¥60,180 (2020/01/24 15:45:58時点 楽天市場調べ-詳細)

カフェの記事は他にもありますので一緒に御覧ください↓



読んでいただきありがとうございました!



まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 

では、ホテルのご紹介、カフェや、建築の
などはこれからも続けるので、引き続きお楽しみに。


旅行に行かれる際のご予約
・Hotels Combined ・Booking.com ・トリバゴ がおすすめです✈✨↓


 


ホテルで保存 - hotelscombined.com





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏旅人に話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

 

きういの”まち”づくりについては下記から↓

本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介



28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


私のアカウント等、連絡先は下記になります。

❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です