"まち"を建築を身近にするサイト

これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-2


こんにちは、
きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイター  です!




今日はタイトルにもある通り、

「これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-2」

です。


星野リゾートOMO5-東京大塚シリーズの続編です!!


以前の記事をまだ読んでいない方は、下記から。


これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1

星野リゾートOMO7-旭川シリーズはこちらから↓

❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-2



では早速行きましょう。


1:未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!


 

の前に以前もご紹介した

星野リゾート+OMOシリーズについて

 

については、もう4回目なので、いいですね。
知りたい方は以前の記事を参照してください。


1-1: 星野リゾートOMOブランドとは?


 

画像参照:https://www.hoshinoresorts.com/brand/omo/

旅のテンションを上げ
街を楽しみ尽くす観光客のためのホテル

ご近所が同じ方向をみつめた「※都市観光のためのホテル。

つまり、北海道に観光に来たついでに「フラっ」立ち寄れる。

 

そんな北海道の旭川の「まちに寄り添ったホテル」という訳です。

なので値段も安く

6,945(税別)(1室1名)
13,890(税別)(1泊1室)

参考として星のや軽井沢の値段、49200円~(1名)

※HPより値段参照:https://booking.hoshinoresort.com/#/JA/hotels/0000000302/search?stay=1&checkIn=2019%2F01%2F16&a=2&b=0&d=0&c=0

画像参照:https://booking.hoshinoresort.com/#/JA/hotels/0000000302/search?checkIn=2019%2F01%2F24&stay=1&a=2&b=0&c=0&d=0

それでは早速、


2:星野リゾートOMO5の所在地は?


 

❏所在地-170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26番地1号
❏山手線「大塚駅」から徒歩3分です。

近くには、面白そうな居酒屋などがある場所に位置しています。

❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1

でも、
OMOシリーズをお伝えしましたが、

 

そこで星野リゾートOMOシリーズは、都市観光を「ブランド化」し、

安くて泊まりやすい、そのまちの人や資源や面白さ

を伝えるためのためにホテルをつくった。

 

つまり、都市観光「まちづくり」のために、ホテルを使ってもらおうと考えたわけです。素晴らしい!!

それでは中に!

星野リゾートOMO5へ


3:「星野リゾートOMO5」はどうなっているのか?


 

の前に、


3-1:設計デザインは佐々木達郎[佐々木達郎建築設計事務所]


豆知識ですが、星野リゾートは基本的に[東 環境・建築研究所]が担当しています。例えば、「星のや 軽井沢」「星のや バリ」「星のや 東京」。
この佐々木達郎さんはその時に担当しており、独立された方です。

❏設計デザイン-佐々木達郎
❏HPURL:http://www.tatsurosasaki.com/



です。早速行きましょう。


エントランスとLOGOです。
続いてEV上がって


 

エレベーター上がった先

はい。電車の吊革。かわいい。
そして注目すべきは左側、※以前の記事でもお馴染みです!

 

 


4:「星野リゾートOMO7」一番の売り!-街を楽しみつくす「Go-KINJO」と「OMOレンジャー」


 

東京大塚の地図を実際に見える化した「Go-KINJO」-東京大塚

東京大塚の地図を実際に見える化した、この大きく見やすい
MAPの「Go-KINJO」です。

比較する為に[旭川の写真]を載せて置きます。


 


「地域周辺の魅力を発信する」という内容は一緒でも、つくり手(デザインする側)によって大きく変わります。


 

画像URL参照:https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omo/5tokyootsuka.html

そしてその魅力を存分に教え、案内する人「OMOレンジャー」です。
実際に周辺を案内し、居酒屋さんなどを紹介してくれます。
以前も説明しましたが、


 

これも

 

未来のまちづくり」の一つのやり方です!!

 

まちづくり」の本質は「まち」であり、「」です。

その魅力を「自らの言葉」で「発信」をすることが大事なのです。

 

そういう意味で、この星野リゾートの「OMO」ブランドは

一つの「新しいまちづくりの形

をやっていると言えます。

それが一番私が言いたいことでやり続けることです。

デザイン」はあくまで「編集」することであり、

一つの「道具」なのです。

 

そういう意味では、この星野リゾートの「OMOブランドは

正しい未来のまちづくり
を行っています。

 


5:木が広がるロビー空間


 

続きます。

進むと、ロビーです。

基本的にフリースペース(休憩所)の様になっています。


 


チェックインの仕方は※以前の記事を御覧ください。

 

さて、おまたせしました。

次こそ、客室です。

 


6:ルームウェアは「レンタル」-OMO-Tシャツ


 

これも新しい仕組みです。

ホテルだと基本的にルームウェアがついています。
ですが、長期旅行者や外人で旅をされている方など、意外と着替えなどを持っている方もいらっしゃいます。

ということで「レンタル」式-200円の
オリジナルTシャツ等を採用されています。




 


そしてEVを上がって




おまたせしました。

 

 


7:櫓(やぐら)をコンセプトにした「YAGURA Room」



早速中へ、



お!!と結構思います。

ロビーの木がそのまま

「客室に来た」

ような印象で全体的に統一感があって良いです。

進むと、





なるほど。これが「YAGURA Room


 


つまり、二段ベッドってことなんですよ。

上はこんな感じ。


 

オリジナルクッション

クッションがかわいいです。


 


下に布団を敷くとこんな感じ。


 


物は基本的に収納されているか、壁の木に置かれています。


 


お気づきの方いらっしゃるかもしれません。
こちらの部屋は19m2に定員は3人。

私きうい、「1人」で来ました。
1人だと相当広いです。

視察とはいえ、寂しいものです。

なので色々調べました。(このときすでに1時)


 


巨大盆です。これはテーブル代わりです。
3人とかで飲み会をしていたら、ここにお酒とか置きます。

かわいいですね。
更に外人向けに日本らしさをアピールしています。


 


タオルや歯ブラシは壁面の檜(ヒノキ)にちょこんとおいたり、
バーを通したりと 、細かいです。


 


タオルを入れるバッグもかわいい。


そしてお風呂


 


お風呂は何故このタイルを張ったのかは謎です。
これは私には微妙。桶は良いのですが。
このデザインは謎です。


 


だいぶ緻密に設計されています。
TVや星野リゾートのカタログなども可愛くインテリアになっています。





洗面台が外に出ているので、このように隠せます。

設計的によくやってるなと思ったのがここ!


 

「本当に重要

なんですよ!
ホテルの設計において、

「余計なところを見せない」

という所(コード等)

開けてごめんなさい。

でも開けたくなるのが私「きうい」。




 


さらに!!






はい。スケッチしました。
そして寸法も細かく取りました。

これで「YAGURA Room」は私のもの。「設計」できますよ。


ぜひ「ホテルの設計・デザイン」は私に「ご依頼を」!!





ルームウェアも良い感じでした。


8:朝食はOMOカフェ!-フランス料理ヴォロヴァンとは?-


 


宿泊者以外の利用可能時間は、
CAFEタイム10:30~14:00
BARタイム15:00~24:00(ラストオーダー23:00)



宿泊者は朝7時からと、そして23時以降も利用できるみたいです。

「朝起きるのが楽しみな朝食」をイメージして作られた、OMO5 東京大塚がおすすめするフランスの家庭料理ヴォロヴァン。

モーニング限定・OMOrning set(¥1,200)は4種類の”ヴォロヴァン”から好きなものと、サラダかスープ、そしてドリンクを選ぶメニューです。





私はビーフシチューを選択。
とても美味しかったです。

けど、男性には足りないかも。。

食べ終わって。

落ち着いてたら、


あ!


 


OMOレンジャー!! グリーン!!!!

“まち”づくりしっかり頼むよ!!


 


椅子などのインテリアも可愛かったです。

だいぶ楽しめました。

 


9:最後に


 


もう一度所在地を
❏所在地-170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26番地1号
❏山手線「大塚駅」から徒歩3分です。


 

 


❏ご予約はじゃらんなどで。大人の女子会や卒業旅行にもおすすめです!


 


いかがでしたでしょうか。

結構盛り沢山だったのではないでしょうか。

ま星野リゾートOMO7-旭川とはまた違った面白さが、あったかと思います。

ホテルの視察はこれからも続けるので、
引き続きお楽しみに。


 


星野リゾートOMO7-旭川シリーズは下記から↓。


❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

 


きういのまちづくりについては下記から

本当の「まちづくり」の在り方をお伝えします!!!

まちづくりにおいて必要な考え方のご紹介です!!


カフェシリーズはこちら

「人を幸せにするカフェ!!-LATTE GRAPHIC-町田」を調査してみた!!

元は黒ネコ倉庫?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた」


ホテルシリーズは下記から

❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

今話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた

これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

箱根の森に巣まう、五感が研ぎ澄まされるフォレストリゾート!!NEST INN HAKONEネストイン箱根」を調査してみた!! PART-1


建築シリーズは下記から

❏恋人とのデートへおすすめ!!宇都宮市-大谷資料館-のご紹介!!!


 

きうい🐦の自己紹介

私は、建築デザインを大学で学び、卒業後は

建売営業設計で100棟以上の住宅を設計し
建築家のアトリエ設計事務所で建築デザインと建築設計
ベンチャー企業で建築設計とデザイン+まちづくり

今に至ります。

 

もし、これを読んで何か思ったり、”まち”づくりをやりたい。
うちの”まち”づくりを手伝ってほしい。

住宅、カフェ、ホテル、ホステル、コワーキングスペース、オフィス
設計やデザインをしてほしい。

などありましたら、

twitterのアカウントやメールアドレスを掲載しておくので
直接連絡を下さい。ご相談でも全然構いません。


私のアカウント等、連絡祭は下記になります。

 


きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイター

https://twitter.com/wakuro3

kiwitownplanning@gmail.com


 

もっと

まちづくりなどの分かる本が知りたい!

わからない言葉を教えてほしい!

もっと会社を知りたい!と思ったら


 きうい@書籍紹介 

きうい@用語集 

きうい@会社一覧集

を参考にしてみてください!


きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイター 


 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です