"まち"を建築を身近にするサイト

未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1

 


こんにちは、
きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイターです!




今日はタイトルにもある通り、


「未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1」


です。


星野リゾートOMO7-旭川シリーズの続編です。

以前の記事をまだ読んでいない方は、下記から↓。


❏未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

❏未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-2


 

 

では早速行きましょう。

 


1:未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!


 

その前に以前もご紹介した

星野リゾートについて

 について再度整理も含めて、ご説明です。




画像参照:https://www.hoshinoresorts.com

星野リゾートには、

非日常感を体感するホテル-「星のや」、
豊富なアクティビティを備える-リゾートホテル「リゾナーレ」、
日本の風土と文化を体験できる-温泉旅館「界」

といった3つの特徴的なブランドがあります。
多分、誰しもが、


一度は泊まってみたい!

と思う人も多いのではないかと思います。

その中でも今回ご紹介する、星野リゾートOMO5とは、世間でどういった立ち位置なのか、まずは簡単にご説明します。


2:星野リゾートOMOブランドとは?


 

画像参照:https://www.hoshinoresorts.com/brand/omo/

旅のテンションを上げ
街を楽しみ尽くす観光客のためのホテル

ご近所が同じ方向をみつめた「※都市観光のためのホテル。

つまり、東京に観光に来たついでに「フラっ」立ち寄れる。

 

そんな東京の
まちに寄り添ったホテル」という訳です。

なので値段も安く

6,945(税別)(1室1名)
13,890(税別)(1泊1室)

参考として星のや軽井沢の値段、49200円~(1名)

※HPより値段参照:
https://booking.hoshinoresort.com/#/JA/hotels/0000000302/search?stay=1&checkIn=2019%2F01%2F16&a=2&b=0&d=0&c=0


 

画像参照:https://booking.hoshinoresort.com/#/JA/hotels/0000000302/search?checkIn=2019%2F01%2F24&stay=1&a=2&b=0&c=0&d=0

それでは早速、

 


3:星野リゾートOMO5-東京大塚の所在地は?


 

❏所在地-170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26番地1号
山手線「大塚駅」から徒歩3分です。

近くには、面白そうな居酒屋などがある場所に位置しています。


 

 


※以前の記事でも、
OMOシリーズをお伝えしましたが、

 

そこで星野リゾートOMOシリーズは、都市観光を「ブランド化」し、

安くて泊まりやすい、そのまちの人や資源や面白さ

を伝えるためのためにホテルをつくった。

 

つまり、都市観光「まちづくり」のために、ホテルを使ってもらおうと考えたわけです。素晴らしい!!

それでは中に!!!


の前に、

下にカフェがあったのでそちらへ。


3-1:番外編:木がお洒落なカフェ「eight days cafe」


❏コンセプト:「一週間に8日間、あなたが過ごしてくれたら」

❏文章引用:HP:URL:http://eight-days.com/


 

仕事をしている人も
世にいうお洒落カフェです。

ちなみに、OMO5の下にも
eight days cafe」が入っております。

外からOMO5を見ていたので、天井のデザインなどを合わせている。
と思ったので、同じ設計者かと思ったら違いました。

❏窪田建築都市研究所
❏HP-URL:http://www.ka-a.co.jp/
❏飲食から店舗の設計デザインに取り組んでおられる建築設計事務所です。


そんな感じで、ご飯も楽しみつつインテリアで空間たのしみつつ、

今度こそ、星野リゾートOMO5へ

 


4「星野リゾートOMO5」の実態を探ります!!


 

4-1:設計デザインは佐々木達郎[佐々木達郎建築設計事務所]



豆知識ですが、星野リゾートは基本的に[東 環境・建築研究所]が担当しています。例えば、「星のや 軽井沢」「星のや バリ」「星のや 東京」。

この佐々木達郎さんはその時に担当しており、独立された方です。

❏設計デザイン-佐々木達郎
❏HPURL:http://www.tatsurosasaki.com/



です。早速行きましょう。
エントランスは

 

エントランスは木の格子で演出

LOGOはこれ


 

LOGO

4-2:LOGO-Designは野老朝雄(ところ あさお)


LOGOが好きなんですよ。ブロンズで。
LOGOdesign調べてみたら、あら

❏野老朝雄(ところ あさお)さん
❏誰もが知っている、2020年夏季オリンピック・パラリンピックのエンブレム。まさかOMOまでLOGOデザインしているとはびっくり!!!
❏HP[URL:http://tokolo.com/


4-3:EVにも注目してください!



続いて中に入ります。

EV乗ったときに気付きました。

「足元。」


 

エントランスとEV内の足元

これは、デザインで大事」なんです。

外と中の素材を(色は少し違いますが)、合わせるって空間が広く見えたり、エントランスとエレベーター(EV)内が繋がっている様に感じます。

こういうところまで出来るのはちゃんと設計(デザイン)しているということなんです。

続いてEV上がって




エレベーター上がった先

 

はい。電車の吊革。かわいい。
そして注目すべきは左側の壁!!※以前の記事でも出しましたね!

 


5:「星野リゾートOMO5」一番の売り!-街を楽しみつくす「Go-KINJO」と「OMOレンジャー」


 

東京大塚の地図を実際に見える化した「Go-KINJO」-東京大塚

東京大塚の地図を実際に見える化した、この大きく見やすい
MAPの「Go-KINJO」です。

比較する為に[旭川の写真]を載せて置きます。


 


地域周辺の魅力を発信する」という内容は一緒でも、つくり手(デザインする側)によって大きく変わります。


 

画像URL参照:https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omo/5tokyootsuka.html

そしてその魅力を存分に教え、案内する人「OMOレンジャー」です。
実際に周辺を案内し、居酒屋さんなどを紹介してくれます。

以前も説明しましたが、


 

これも

 

未来のまちづくり」の一つのやり方です!!

 

まちづくり」の本質は「まち」であり、「」です。

その魅力を「自らの言葉」で「発信」をすることが大事なのです。

 

そういう意味で、この星野リゾートの「OMO」ブランドは

一つの「新しいまちづくりの形

をやっていると断言できます。

そして、

デザイン」はあくまで「編集」することであり、

一つの「道具」なのです。

 

そういう意味では、この星野リゾートの「OMOブランドは

正しい未来のまちづくり

を行っていると言えます。

 


6:木が広がっていくロビー空間


 

続きます。

進むと、ロビーです。


 

受付前

基本的にフリースペース(休憩所)の様になっています。


 


チェックインは最近日本にも入ってきた自らやるタイプの発券式です。
MAILで送られてきたID番号を入れてチェックインします。


 

フロント

これの良いところは、運営面(星野リゾート側)です。

自らがチェックインすることにより、基本的に人件費がかからないのです。人を一人動かすのでも「お金」がかかります。

なので、非常に良いシステムだと思います。


 


朝食はこちらで食べます。


 

次は、客室です!!

 


と言いたくなるんですが、
少し長くなってしまったので、この続きは別記事にします。

 

 


7:最後に


 


もう一度所在地を

❏所在地-170-0004 東京都豊島区北大塚2丁目26番地1号
❏山手線「大塚駅」から徒歩3分です。


 


❏ご予約はじゃらんなどで。大人の女子会や卒業旅行にもおすすめです!


 

 

いかがでしたでしょうか。

次は気になる客室です!


これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!part-2



に続きます。

 

 


きういのまちづくりについては下記から

本当の「まちづくり」の在り方をお伝えします!!!

まちづくりにおいて必要な考え方のご紹介です!!


カフェシリーズはこちら

「人を幸せにするカフェ!!-LATTE GRAPHIC-町田」を調査してみた!!

元は黒ネコ倉庫?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた」


ホテルシリーズは下記から

今話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた

これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

箱根の森に巣まう、五感が研ぎ澄まされるフォレストリゾート!!NEST INN HAKONEネストイン箱根」を調査してみた!! PART-1


建築シリーズは下記から

❏恋人とのデートへおすすめ!!宇都宮市-大谷資料館-のご紹介!!!


 

 

きうい🐦の自己紹介

私は、建築デザインを大学で学び、卒業後は

建売営業設計で100棟以上の住宅を設計し
建築家のアトリエ設計事務所で建築デザインと建築設計
ベンチャー企業で建築設計とデザイン+まちづくり

今に至ります。

 

もし、これを読んで何か思ったり、”まち”づくりをやりたい。
うちの”まち”づくりを手伝ってほしい。

住宅、カフェ、ホテル、ホステル、コワーキングスペース、オフィス
設計やデザインをしてほしい。

などありましたら、

twitterのアカウントやメールアドレスを掲載しておくので
直接連絡を下さい。ご相談でも全然構いません。


私のアカウント等、連絡祭は下記になります。

 


きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイター

https://twitter.com/kiwi_town_plan

kiwitownplanning@gmail.com


 

もっと

まちづくりなどの分かる本が知りたい!

わからない言葉を教えてほしい!

もっと会社を知りたい!と思ったら


 きうい@書籍紹介 

きうい@用語集 

きうい@会社一覧集

を参考にしてみてください!


きうい 🐦愛の”まち””ひと”づくリエイター 


 

SNSでフォローする
コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です