"まち"を建築を身近にするサイト

天領日田を竹灯籠が照らす千年あかりおすすめスポットをご紹介します!【19年度版】

日田千年あかり


冬もどんどん進んで肌寒くなるそんな季節。
日田市のお祭りで『ホッ』と暖かくなりませんか?

天領日田を竹灯籠が照らす千年あかりおすすめスポットをご紹介します!【19年度版】


です。最後まで是非御覧ください(*´`)


この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい







【1】天領日田を竹灯籠が照らす日田千年あかりおすすめスポットをご紹介します!【19年度版】

千年明かり

【千年あかり】は【日田天領祭】と一緒にやるお祭り。
改めてご紹介します!


【日田天領祭】
江戸時代に幕府の直轄地として「西国筋郡代(さいごくすじぐんだい)」が設置された場所の日田市で、当時のにぎわいを再現するお祭りです。

西国筋郡代の着任風景を模した200名超の「西国筋郡代着任行列」や、「武士」「町人」「町むすめ」などの衣装に身を包み町を散策できる「時代衣装で町歩き」などが行われます。


西国筋郡代着任行列

HPより画像引用

【日田天領祭・日田千年あかり】

【HP】 https://www.city.hita.oita.jp/event/10319.html
【住所】 〒877-0005 大分県日田市
【開催期間】 19年度は、11月8日(金)~10日(日)
【TEL&FAX】 0973-22-8210
【Facebook】 https://www.facebook.com/千年あかり実行委員会-532738543442542/


去年は重要伝統的建造物群保存地区「豆田町」に約30,000灯の竹灯篭が並べられました!

花月川や重要伝統的建造物群保存地区に指定されている豆田町周辺を、約30,000灯の竹灯籠が幻想的に彩ります。煌びやかな灯りが包む中道では、昼間とまた違った夜の町歩きを楽しむことができる。

歴史はまだ浅いですが日田の名物にもなっています!


豆田町へは日田駅から車で8分。歩きで16分です!


日田駅から豆田町までは16分

千年あかりの点灯式にも参加してきたのでそちらのBLOGはこちらから↓

まちづくりマガジン
 
1970.01.01
まちづくりマガジン
https://www.kiwi-town.com/town-plan/sennenakari/


【2】千年あかりおすすめスポットをご紹介です!!

千年あかり

千年あかりの舞台は日田市の豆田町。
店の中でも外でも各々の店の前でも町全体が竹灯籠だらけ。

この景色が3日間続くのでそれはそれは豆田町には人がかなり溢れます✨


今回は豆田町のどこの場所かわかるように、日田市豆田町の地図に沿って日田千年あかりをお届けします!


1:長福寺


【長福寺】

【HP】 https://www.shounzan-chofukuji.com/
【住所】



長福寺は竹灯籠の数がとにかく多いです!!


こどもたちの灯籠

そして、全てが竹灯籠というわけではなく、小学生の絵が施された灯籠も長福寺を照らします。

子どもたちの灯籠
写真を撮るカップル

デートにはもってこいな【千年あかり】私も一日目は妻と一緒に点灯式と豆田町を周りました!


日田のお供には日田市の日田天領水!とても美味しいですよ↓

created by Rinker
¥3,589 (2020/01/24 20:18:24時点 楽天市場調べ-詳細)

2:薫長酒造


薫長酒造

【薫長酒造】

【HP】 https://www.kuncho.com/
【住所】 〒877-0005 大分県日田市豆田町6−31


薫長酒造の2階は資料館です。
さらに店の奥に進むと竹灯籠が展示されています。
普通に考えると店の中に火をつけるというのはリスクが伴うこと。それをたやすくしかもこだわりある並べ方をしているのは素敵です!



クローパーの竹灯籠もあります。


薫長酒造

個人的にはこれが一番好きでした✨



3:豆田の辻公園


豆田の辻公園

【豆田の辻公園】

【住所】 https://goo.gl/maps/YT23NWPmBY8oZcpd8


辻公園は一番気合が入っている場所になります。
竹の細工にお花を描いたり、ただの竹に光を入れているだけではありません。
その繊細な加工技術などなど。

毎年この千年あかりを盛り上げたいという気持ちが伝わってきます!


豆田の辻公園
豆田の辻公園
豆田の辻公園


4:花月川


花月川

【花月川】

【住所】 〒877-0008 大分県日田市丸山1丁目5


花月川

竹灯籠の数で言ったら勿論この千年あかりのメインの花月川です✨!

別BLOGでご紹介した点灯式↓

が行われたこの花月川一面が竹灯籠で照らされています。ただ、個人的にはこの花月川は近くに寄らずに遠くから見るのが一番キレイで好きなのです!

花月川

じつはプラスチックのカップに入っているのも混ざっていたりします!



【4】稲荷神社


稲荷神社

【稲荷神社】

【住所】


稲荷神社
稲荷神社


【3】夜の豆田町の雰囲気も楽しんでください!


豆田町

豆田町は昼の町。

普段はお店が17時位には閉じてしまいますので、夜に活動しているのはお祭りの時だけなのです。

天領だった豆田町、伝統的建造物群保存地区にも指定されている町並みの、夜verを楽しむのはなかなかないのでぜひ足を運んでほしいところです!


豆田町


1:Hazebo bunten


hazebo coffee bunten

私が内装工事を手伝ったHazebo coffee さんも勿論祭りの時出店で出店されています。奥はHazebo  bunten です。

【Hazebo  bunten】

【住所】 〒877-0005 大分県日田市豆田町8−32

 



鮎の塩焼き

この日は鮎の塩焼きを焼かれていてとても美味しかったです。

Hazebo coffeeの記事はこちらから↓


Hazebo coffee
Hazebo coffee

日田は魚が美味しすぎて困ります!!



2:珈琲談義所嶋屋


珈琲談義所嶋屋

【珈琲談義所嶋屋】

【住所】 〒877-0005 大分県日田市豆田町10−8
【時間】 11時〜17時 月曜日定休日



3:赤司 日田羊羮本舗


赤司

【赤司 日田羊羹本店】

【HP】 http://www.youkanya.co.jp/index.html
【住所】 〒877-0005 大分県日田市豆田町10−8
【電話】 0973-22-2240
【時間】 11時〜17時 月曜日定休日
【駐車場】 店舗横にあり 5台



4:豆田ロール粋


豆狸ロール粋

【豆狸ロール粋】

【HP】 https://www.facebook.com/豆田ロール粋-110920745669486/
【住所】 〒877-0005 大分県日田市豆田町11−8
【電話】 0973-23-2202
【時間】 10時30分~17時30分  水曜日定休日
【駐車場】 店舗横にあり 5台

【4】さいごに



いかがでしたでしょうか?

日田千年あかり】の点灯式に今年の20年、みんなで参加してみませんか?

私のまちづくりの活動でも千年あかりでイベントを今後考えていますので楽しみにしていてください!!


最後に詳細をもう一度。




 【千年あかり】

【HP】 https://www.city.hita.oita.jp/event/10319.html
【住所】 〒877-0005 大分県日田市
【開催期間】 19年度は、11月8日(金)~10日(日)
【TEL&FAX】 0973-22-8210
【Facebook】 https://www.facebook.com/千年あかり実行委員会-532738543442542/



日田千年あかりの動画


私がいつも写真を取っているカメラは

SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです📷↓


created by Rinker
¥60,180 (2020/01/24 15:45:58時点 楽天市場調べ-詳細)


日田市の記事は他にもありますので一緒に御覧ください↓


 


読んでいただきありがとうございました!



まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


では、ホテルのご紹介、カフェや、建築の
などはこれからも続けるので、引き続きお楽しみに。


旅行に行かれる際のご予約
・Hotels Combined ・Booking.com ・トリバゴ がおすすめです✈✨↓


 


ホテルで保存 - hotelscombined.com





にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏旅人に話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

 

きういの”まち”づくりについては下記から↓

本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介



28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


私のアカウント等、連絡先は下記になります。

❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です