"まち"を建築を身近にするサイト

尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!Part-1


すざくだ!


今回は、
今話題の「広島県-尾道市」の「ホテル」のご紹介です。


大切な人の旅行でデートする時の宿泊場所。

一緒に時間を過ごす場所は二人の思い出に残る物にしたい。

編集も(デザイン)も格好良くて、お洒落で、落ち着ける場所が良い。

名付けて、


尾道デートにおすすめのホテル!!LOG(ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!Part-1

すざくさん!!!!

この役目は渡さないぞ、きうい🐦✨!!!

く、くそ。いつかは言ってやる。
では、今日もよろしくお願いします、ば〜ど🐦❤️


 


この、「まちづくりマガジン」では

” まち “の ” 地域 “の” 街 “の” 都市 “の” ホテル “や” カフェ ” 建築 “や” 美術館 “

など” まち “にあるモノやコト、

” 建築 “をもっと身近にお届けしています。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり、”まち”を”街”を構成するひとつです。

それくらい、建築は身近なところにいます。

 

それらすべてが、” まち “づくり + ” 街 “づくりの一つなんです。


 

さて、

早速ご紹介へ!


1:「LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden-」とは何か?


 


LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden-

尾道に、2018.12.07日OPENしたホテルです🐦!!!


歴史は古く、もともとは昭和38年・山の手のアパートメントとして、
「新道アパート」は誕生しました。

そして、月日は経ち、

歴史や文化の面影が色濃く残るこの場所で、人々の営みをあたたかく見つめてきたアパートメントは、その温もりを残しつつ 

LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden-

として生まれ変わり、尾道 山の手にあかりを灯しています。


文章一部HP引用 : https://l-og.jp

きういは相当期待してここに行きました🐦✨

なぜだい?🐦!!

尾道はここ5年ほどで”まち”づくりが急激に良い方向に進んでいるからです。

さ・ら・に、この「LOG」の設計者が、「スタジオ・ムンバイ」というインドの建築家だったので建築界では噂で持ちきりだったからです🐦✨

なるほどな。それは楽しみだったろうに。
建築大好きな「」め🐦♥

褒め言葉か!! では、基本情報いきます!!!!



❏住所
:〒7220033 広島県 尾道市 東土堂町11-12
❏TEL:0848-24-6669
❏HPhttps://l-og.jp
❏料金客室によって変動があるため、
詳細は公式サイトなどでご確認ください。

❏用途 : ホテル
❏付帯施設 : カフェ

ダイニング(レストラン ) 
モーニング 7:30-10:00
ランチ   12:00-2:30(L.O. 13:30)
ディナー  17:30-21:00

朝食、夕食は宿泊者のみとなります。ランチ定休日:水曜日

❐カフェ&バー アトモスフィア

カフェタイム 11:00-17:00(土日祝10:00-)
バータイム  17:00-23:00(L.O. 22:30)


❏運営者 : ディスカバーリンクせとうち
HP: http://www.dlsetouchi.com


※最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


 


1-2:設計者 : スタジオ・ムンバイとは?


 

LOGにはとても重要だから、スタジオ・ムンバイを紹介するよ〜!!



インド西海岸の都市ムンバイ。

スタジオ・ムンバイ」は、このまちを拠点に活動しています。

「LOG」は、
ビジョイ·ジェイン氏率いるスタジオ·ムンバイがインド国外で初めて取り組む建築プロジェクトです。

スタジオ設立者であるビジョイ・ジェイン氏の建築の特徴は、

人の「手の力」

を取り入れるところにあります。

そして、彼が創り出す空間は、人、生き物、環境全てに配慮があり、どこか日本人の精神と通ずるものが感じられます。


インドではこんな住宅を設計編集(デザイン)しています。

Utsav House / Studio Mumbai


画像参照 : https://www.archdaily.com/225048/utsav-house-studio-mumbai/5017d23528ba0d49f500096e-utsav-house-studio-mumbai-photo


 

これが
「スタジオ・ムンバイ」だよ🐦

なんだか、凄い。。
これが建築家か。

しかもね、彼は、LOGのプロジェクトでも、人の手をかけ検証を繰り返すことで、目には見えない大きなエネルギーが生みだされると、言い続けてきたんだ。

その哲学は、建築の領域を超え、現代の生き方や働き方にも影響を与えている。

そして、ディスカバーリンクせとうちの原点である、

「地元地域への取り組み」にも重要なヒントを与えながらこの「LOG」をつくっていったんだ!!

そう!!
だから、この「LOG」がどうやってできたのかを含め、「”まち”づくり」とはどうやって進めて行くべきかも合わせて、説明するよ!!

一部文章HPより引用 : https://l-og.jp/about/


2:「LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden-」をご紹介します!!


 

では早速行こう🐦✨


千光寺へと続く坂道の途中にLOGは位置しています。

近くには志賀直哉が『暗夜行路』の草案を練ったとされる長屋もあります。

入り口はこちら↓


 


少しだけ場所がわかりにくかったです。

早速中へ。


 


足元には瓦が再利用され、埋め込まれておりました。

丸いのは家紋ですね。神社や昔のお屋敷の屋根にはよくあります。


 


2-1:「LOG」のここに注目して下さい!!


 


なんとも懐かしく感じるのは何故でしょう。

新しいんだけど、親しみがある感じ。

お、右に見える、あれは!!


 


一見ただの絵の具のように見えるこの板。

実際にスタジオ・ムンバイ(以下、ビジョイ氏)や施工者が

試行錯誤した記憶がそのまま、残されているのです。

つまりは、この壁面の色にたどり着くまでに相当な色の試行錯誤をしている、つくった過程をそのまま残しています。

 


 

だから、よく見ると色の「番号」が載っているんだ!!!!


横を見ると。

風景を切り取る建築です。


 


さて、奥に進みます。

 


 


新しい。

だけど、どこか懐かしい。

「LOG」はそんな場所です。


 



中庭でもなにか行われるのでしょうか??


 


2-2:「RECEPTION&SHOPにはこだわりの物が沢山あります!!


 


RECEPTIONとSHOPは一緒です。

そこには、「LOG」で使われているものだったり、期間限定のSHOP販売だったりと、こだわりの物が沢山販売されてあります。


 


2-3:「LOG」は沢山の自然に囲まれた場所です!!


 


 

中庭には登っていけるところもあります。

 


 



この裏に神様が祀られています。


 

そして、そこから撮った写真がこれ!!!

きうい、崖から撮ったんだな。その根性は凄い。

やるなら全力で徹底的にですよ!!!



3:最後に


 

自然がいっぱいの、裏庭もあるよー🐦✨


少し長くなってしまったので今回はここまでです。

 

デートするときの宿泊場所。

大切な人と一緒の時間を過ごす場所はちゃんと思い出に残る物にしたい。

デザイン(編集)もかっこよくて、落ち着けて、お洒落なところに泊まってみてください。



もう一度場所を掲載します。





LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden-



❏住所
:〒7220033 広島県 尾道市 東土堂町11-12
❏TEL:0848-24-6669
❏HP:https://l-og.jp
❏料金客室によって変動があるため、
詳細は公式サイトなどでご確認ください。

❏用途 : ホテル
❏付帯施設 : カフェ

ダイニング(レストラン ) 
モーニング 7:30-10:00
ランチ   12:00-2:30(L.O. 13:30)
ディナー  17:30-21:00

朝食、夕食は宿泊者のみとなります。ランチ定休日:水曜日

❐カフェ&バー アトモスフィア

カフェタイム 11:00-17:00(土日祝10:00-)
バータイム  17:00-23:00(L.O. 22:30)


❏運営者 : ディスカバーリンクせとうち
HP: http://www.dlsetouchi.com


※最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


 


いかがでしたでしょうか。


今回は4部作になりそうです。
次回はカフェやその他の部屋などを紹介した、


尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-2


です。お楽しみに!!


ホテルのご紹介

などはこれからも続けるので、引き続きお楽しみに。


また、
カフェや、建築のご紹介も、
も同様に行います。

 


 

読んでくれて、ありがとうございます!!



お近くにご旅行で行かれる際の、ご予約は【トリバゴ】で🐦✨


 


いやいや私は旅行は【じゃらん】だよって人はこちらから🐦✨


 


ご旅行の飛行機券は【ソラハピ(SORAHAPI)】でお申し込みを🐦✨


 



次の記事はこちらから↓

尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-2

 


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏旅人に話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1


きういの”まち”づくりについては下記から↓

本当の「まちづくり」とは何か。をお伝えします!!!

❏”まち”づくりにおいて必要な考え方のご紹介です!!


カフェシリーズはこちら↓

❏お洒落なカップルにオススメ!!人を幸せにするカフェ「LATTE GRAFFIC-町田」

❏「元は黒ネコ倉庫?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた」


ホテルシリーズは下記から↓。

❏今話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏尾道デートするカップルにおすすめ!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

❏未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1


きういの自己紹介についてはこちらから↓

❏きうい(管理人)の自己紹介です!!


きういのPolcaについてはこちらから↓

❏きういのPolcaの使い道についてご説明します!!

❏きういのPolcaの使い道とお礼をさせてください!!【1部】

❏きういのPolcaの使い道とお礼をさせてください!!【2部】 


きういの自己紹介



28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→
今に至ります。



【きういの現在の活動内容】



・大分県日田市の”まち”づくりの他、神奈川県横須賀市谷戸地域、福井県でも数箇所を検討中。

“まち”づくりマガジン-まちを建築を身近にするサイト- 運営
・フリーランスの人のための集まれる居場所(村づくり)を計画中
・鬱病など悩みを抱える人のための事業を計画中
・神奈川県横須賀市-谷戸地域で活動する学生団体-【NELD】アドバイザー
・【ローカルベンチャーラボ】3期生-20代起業家枠
・オリジナルブランド【01u10】専属モデル


 

もし、これを読んで何か思ったり、”まち”づくりをやりたい。
うちの”まち”づくりを手伝ってほしい。

住宅、カフェ、ホテル、ホステル、コワーキングスペース、オフィス
設計やデザインをしてほしい。

などありましたら、

twitterのアカウントやメールアドレスを掲載しておくので
直接連絡を下さい。ご相談でも全然構いません。

 


私のアカウント等、連絡先は下記になります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏Polca :https://polca.jp/projects/YomlHIoYMO1
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 

もっと

まちづくりなどの分かる本が知りたい!

わからない言葉を教えてほしい!

もっと会社を知りたい!と思ったら


 「きうい@書籍紹介

きうい@まち用語集 

きうい@会社一覧集

を参考にしてみてください!

 


きうい “日田”の鳥さん


 

 



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です