"まち"を建築を身近にするサイト

大阪でお洒落で安いホテル!!-IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTELを調査してみた!!Part-2



今回は、
みなさんが、一度は見たこと聞いたことのある、あの「大阪」心斎橋の「ホステル」のご紹介です。

デートするときの宿泊場所。
大切な人と一緒の時間を過ごす場所はちゃんと思い出に残る物にしたい。デザイン(編集)もかっこよくて、落ち着けて、お洒落なところが良い。

では

大阪でお洒落なカップルにおすすめ!!-IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTELを調査してみた!!Part-2

です。最後まで是非御覧ください(*´`)



この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい



【1】:大阪でお洒落なカップルにおすすめ!!-IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTELを調査してみた!!



Part1でも説明したので簡単に。

基本情報はこちら↓

住所 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-13-28
1-13-28, kitahorie, nishi-ku, Osaka, Japan
HP http://imano.jp/osaka/ja/
TEL 06-6534-0088
用途 ホステル(ベッド数122台)、カフェバー(付帯施設)
CAFE BREAKFAST : 7:00 – 10:00
LUNCH : 11:30 – 14:00(L.O 13:30)
CAFE OPEN : 11:30 – 16:00(L.O 15:30)
BAR OPEN : 18:00 – 22:00(L.O 21:30)
instagram https://www.instagram.com/imano_osaka_shinsaibashi/
Facebook https://www.facebook.com/imanoosaka/



【2】:さらに客室内部を詳しくご紹介します!!



エレベータを上がると、左画像の共用の机があり、ここでご飯なども食べれる小さな共有の場です。そして、。共用部の通路を通って、部屋に入ると!



こんな感じです。私は12人部屋のドミトリーの部屋に宿泊しました。

ドミトリーの部屋はこんな感じでいつも生活感に溢れています。



ここで、きういの設計のチェックはいります!
この画像を見てください!!!!



お、どうしたきういよ。。
ただの照明のスイッチじゃないか。

照明のスイッチの位置が良いんです!!!!!
この照明のスイッチはドミトリーのはしごを登ったすぐ手前にあるんです!! 多くのドミトリーは、枕のところにしか照明のスイッチがないんです。

なるほど。利用者目線に立っている設計ということだな。

そうなんです!!!
なので、ここはちゃんと理解している設計者が担当しているのがわかります✨


2-1:貴重品BOXについて



こんな貴重品BOXがあります。



こうなります。奥行きはありませんが、
最低限の物は入りますので、安全です。


2-2:水回りは普通の仕様です!



水周りは普通です。独立洗面台があり、シャワーユニットがある。

ホステルの基本です!

※シャンプー、トリートメント、ボディーソープは、共用のシャワー室及びバスルームに無料にてご用意してあり、 歯ブラシ、かみそり、ヘアブラシ、バスタオル、スリッパなどは有料でした。100円〜です。




Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【3】:朝食はホットサンドです



朝食ですが、ビュッフェです。

ホットサンド
クスクスとレンズ豆のサラダ
本日のスープ(トマト系orクリーム系)
粗挽きソーセージ
ヨーグルト シリアル2種 ブレンドコーヒー ミルク ジュース



写真はこんな感じです。ホットサンドは当たり前に美味しいです✨



3-1:食器にもご注目して下さい!!



BARの朝の雰囲気もよいのですが、注目するのはこちら!!



お店の方に聞くと、アーティストさんとコラボしたオリジナルのものとのこと。
調べました。

岐阜県の美濃焼です。とてもお洒落なのでご覧になってください。素敵なお皿などがたくさんありますよ。



Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【4】:日中と夜は空間が全然違います!!



昼はCAFE、夜はBARと朝と夜の雰囲気がガラッと変わるのも魅力的です!


この床のタイルを注目にしてほしい!!

おお、次はどうした!



ちなみにこちらはCAFE内部のタイルと床材の様子です。


外部から見ると。こんな感じ。内装のタイルが外まで貼られています。


つまり、この窓を全開にして、外に椅子を置くことで、内部と外部の床のタイルの素材で一体感をもたせた、カフェになるんだ!!



なるほど、そのためだったのか。デザインは深いねえ。

意外と気づかれないけれど、こういうのも大事なんです!



【5】:さいごに



いかがでしたでしょうか??

大切な人とのデートするときの宿泊場所。一緒の時間を過ごす場所はちゃんと思い出に残る物にしたい。デザインもかっこよくて、落ち着けて、お洒落なところが良い。そんな人におすすめです。

基本情報を掲載します。


IMANO OSAKA SHINSAIBASHI HOSTEL

住所 〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-13-28
1-13-28, kitahorie, nishi-ku, Osaka, Japan
HP http://imano.jp/osaka/ja/
TEL 06-6534-0088
用途 ホステル(ベッド数122台)、カフェバー(付帯施設)
CAFE BREAKFAST : 7:00 – 10:00
LUNCH : 11:30 – 14:00(L.O 13:30)
CAFE OPEN : 11:30 – 16:00(L.O 15:30)
BAR OPEN : 18:00 – 22:00(L.O 21:30)
instagram https://www.instagram.com/imano_osaka_shinsaibashi/
Facebook https://www.facebook.com/imanoosaka/



大阪の他のホテルやホステルの記事はこちらから⬇



私がいつも写真を取っているカメラは
SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです↓📷


created by Rinker
¥59,800 (2020/02/25 20:35:52時点 楽天市場調べ-詳細)



旅行に行かれる際のご予約・Booking.com がおすすめです✈✨↓


 

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏本好きに人気の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

きういの”まち”づくりについては下記から↓

❏本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介




28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 



読んでいただきありがとうございました!



まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 


では、ホテルやカフェや建築や日田のまちの紹介はこれからも続けるので、引き続きお楽しみに。





SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です