"まち"を建築を身近にするサイト

女子会におすすめのホテル!!星野リゾートOMO5-大塚を調査してみた!!Part-2




女子会のできるお洒落なおすすめのホテルってないの?

と、思う女性人は大勢いらっしゃると思います。
ゆっくりできて落ち着ける場所、そんな場所があったらいい。では

まちづくりをするホテル!!星野リゾートOMO5-大塚を調査してみた!!Part-2

です。最後まで是非御覧ください(*´`)



この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい



【1】:まちづくりをするホテル!!星野リゾートOMO5-大塚を調査してみた!!Part-2


星野リゾートの説明とOMOについては
Part-1をご覧ください⬇




【1】:ルームウェアはOMO-Tシャツ



これは新しい仕組みです。

ホテルだと基本的にルームウェアがついています。
ですが、長期旅行者や外人で旅をされている方など、意外と着替えなどを持っている方もいらっしゃいます。

ということで「レンタル」式-【200円】のオリジナルTシャツが採用されています。



早速OMO−Tシャツを着てみたよ!!



似合っているじゃないかい!!

ありがとう!!



部屋のカードキーもOMOロゴでした。こだわってますね!!



Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「女子会におすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【2】:櫓(やぐら)をコンセプトにした「YAGURA Room」



入った瞬間に『お!!』と思います。

ロビーの木がそのまま「客室に来た」ような風景で全体的に統一感があるデザインです。反対からはこんな感じです。




櫓=『二段ベッド』ということなんですね。
階段になっていてその下は収納です(下図)。



2Fのベッドに続く「箱階段」は、スーツケースから小物まで大小様々なものがスッポリ収納できます。中には布団やT-falが入っています。このお盆が置いてあるソファの部分も布団がひけるので、最大3人まで宿泊が可能です。



布団をひくとこんな感じになります。
ヒノキ材を使用した立体的なやぐらは、上段がベッドスペースで下段がくつろぎソファ。ソファでゆったり過ごすのも良しですよ。



2-1:こだわりがたくさん詰まったYAGURA Room



上部は完全に就寝スペースです。二人が上で寝ることが可能です。


画像はHPより引用

部屋の広さは:19.3m²
〈櫓上段〉ベッドサイズ:120cm×200cm×2台(ハリウッドツインタイプ)
〈櫓下段〉くつろぎソファベッド利用時・148×200cm(布団あり)

YAGURA ROOMは3人が泊まれます!



クッションもかわいいです。OMO7-旭川にはありませんでした!



巨大盆です。これはテーブル代わりです。
3人とかで飲み会をしていたら、ここにお酒とか置けます。
外人向けに日本らしさをアピールしています。



ロールカーテンを降ろせば、洗面スペースが脱衣所に変わります。



2-2:仕掛け壁のこだわりを解剖します!!



部屋の「仕掛け壁」にはいろいろな仕掛けがあります。
TVや鏡、ハンガーやタオル掛けなどの機能が集約され、コンパクトな空間なのですが広々に見えます。


タオルや歯ブラシは壁面の檜(ヒノキ)にちょこんとおいたり、
バーを通したりと 、設計がとても細かいです。よく設計されています。


タオルを入れるオリジナルOMOバッグもかわいいです。


2-3:お風呂は少し謎なデザインです!


お風呂は何故このタイルを張ったのかは謎です。このOMO5のデザインでなぜこれを貼ったのか。桶は良いのですが、どうせなら和風にするべきです。
このデザインだけは謎です。



トイレはこんな感じです。



Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「女子会におすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【3】:ホテルの設計はきういにお任せください!!


私きういの本職は「まちづくり」と「建築デザイン」。
ホテルの設計において、「余計なところを見せない」という所はとても重要です。



すみません、開けました(笑)これは職業病なんです。でも開けたくなるのが私私「きうい」。この建築がどう作られているのかどういうふうに納めているのかなどなどホテルの視察に行くときは必ず見ます。



はい。スケッチしました。そして寸法も細かく実測しました。これで「YAGURA Room」は私のもので「設計」ができます。ぜひ「ホテルの設計・デザイン」は私に「ご依頼を」!!


やりすぎだろ!!!!


いやいや、これ日常だから(笑)


やりすぎかと思うかもしれません。でも実際にその空間を感じ更に自分の知識として吸収する。私はこれから先宿泊を設計することは必ずあります。

日田市でも設計だけではなく事業の立ち上げから全部やろうとしております。
なので、この実測も視察もとても重要なことなんです。



【4】:朝食はOMOカフェ!フランス料理ヴォロヴァンとは?



OMOカフェ 朝食:7:00~10:30
朝食セット(ヴォロヴァンセットまたはアメリカンブレックファースト) 各 1,250円(税込)
お好みの具材を選べるヴォロヴァンセット、パンやベーコンなどのアメリカンブレックファースト、その他単品でご注文頂けるデニッシュやキッシュなどもご用意しております。
朝食セットにはドリンクバー(単品でご注文の場合は、500円・税込)が含まれます。

CAFE:10:30~14:00
ヴォロヴァン、キッシュ、クープデザート、ドリンク各種
BAR:14:00~24:00(ラストオーダー23:00)
アルコール、ソフトドリンク各種、スナックメニュー

「朝起きるのが楽しみな朝食」をイメージして作られた、OMO5 東京大塚がおすすめするフランスの家庭料理ヴォロヴァン。

モーニング限定・OMOrning set(¥1,250)は4種類の”ヴォロヴァン”から好きなものと、サラダかスープ、そしてドリンクを選ぶメニューです。



私はビーフシチューを選択して食べました!とても美味しかったです。
けど、男性には足りないかもなのでそんな人はパンも食べたら良いかもしれまん。



【5】:OMOレンジャーの仕事ぶり



OMOレンジャー『グリーン』!がいました。これから東京をご案内するみたいで、まちづくりをOMOがちゃんとやっている証拠です。その場所にしかない出会いも旅の醍醐味ですから。私も次は利用したいです。



Go-KINJO」=ご近所マップとは、この旭川の魅力を発信する地図を実際に見える化したこのおおきな見やすい地図のこと!

そして東京大塚の魅力を存分に教える・案内する人が「OMOレンジャー」。
素敵な活動です。




【6】:さいごに



いかがでしたでしょうか?東京に出張に行ったら旅行に行ったら一息つけるOMO5にみなさんも宿泊してみませんか? もう一度詳細を。

住所 〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-26-1
HP https://omo-hotels.com/otsuka/
宿泊予約 0570-073-022 受付時間 9:00〜20:00
OMOカフェ 朝食:7:00~10:30
朝食セット(ヴォロヴァンセットまたはアメリカンブレックファースト) 各 1,250円(税込)
お好みの具材を選べるヴォロヴァンセット、パンやベーコンなどのアメリカンブレックファースト、その他単品でご注文頂けるデニッシュやキッシュなどもご用意しております。
朝食セットにはドリンクバー(単品でご注文の場合は、500円・税込)が含まれます。

CAFE:10:30~14:00
ヴォロヴァン、キッシュ、クープデザート、ドリンク各種
BAR:14:00~24:00(ラストオーダー23:00)
アルコール、ソフトドリンク各種、スナックメニュー
夜間緊急連絡先 03-5961-4131 受付時間 20:00〜09:00



星野リゾートOMO7-旭川の記事はこちらから⬇




私がいつも写真を取っているカメラは
SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです↓📷


created by Rinker
¥59,800 (2020/02/25 20:35:52時点 楽天市場調べ-詳細)

読んでいただきありがとうございました!




まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 


では、ホテルやカフェや建築や日田のまちの紹介はこれからも続けるので、引き続きお楽しみに。



旅行に行かれる際のご予約・Booking.com がおすすめです✈✨↓


 

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「女子会におすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫


↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏本好きに人気の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

きういの”まち”づくりについては下記から↓

❏本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介




28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です