"まち"を建築を身近にするサイト

黒ネコ倉庫がカフェに!?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた!!

 

こんにちは、
きうい 🐦”まち”ば ➰ど🐦♥です!

今回からきういが、すべて、進行+紹介するよ🐦✨

 


たまには、

温かいコーヒーや面白いカフェに行きたい。

と思うあなたのために

今回は、以前も好評だった

カフェシリーズです!

そして。タイトルにもある通り、本日は

 


元は黒ネコ倉庫?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた


 

です。

 

 早速行きましょう!

 


1:CIBI-東京とは何か?


 

画像HP参照:https://www.cibi.jp/access-1/

そもそも、CIBIとは?

日本人のオーナーがオーストラリア・メルボルンで
オープンしたコンセプトストア「CIBI(チビ)」。

コンセプトは


 

ライフ(生活)を楽しくする

です。

カフェで美味しいごはんを楽しみ、

その場所で雰囲気を楽しみ

個性的な物と出会える、


 

そんなあなたの為の場所です。

そんなCIBIが東京・千駄木に上陸しました。


1-1:CIBI 東京店

〒113-0022 東京都文京区千駄木3丁目37-11
営業:毎日 8時-18時
TEL&FAX:03-5834-8045

❏東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩3分
❏JR山手線「日暮里」駅より徒歩8分


 


2:CIBI-東京 は元々は倉庫です


 


こちらの倉庫、実はあの黒ネコさんの宅急便の倉庫があった所らしいのです。

だから外装も倉庫っぽいイメージなんですね。

それでは中に行きましょう!!

 

 

 


 


内部空間はまさに倉庫の空間です

何故かというとそれは、コンクリート打ちっぱなしの壁だったり古い扉の枠、そして天井高が特別高いところが倉庫の特徴です。

基本的に倉庫の機能は(資材などそういったものも置ける場所)
なので人の居住空間ではなく、住宅で必須の断熱などがないんです。

 

そんな滞在しにくい空間を、

※リノベーション(改修)をし、
」で温かい空間をつくりだしたのが今回のこの「CIBI」です。


 

写真右手はカフェで飲み物やパンなどごはんの注文が。
写真左手前はSHOP、その奥がフリースペース(カフェスペース)になっています。

 

レジの横にはこういった募金のようなものが海外で言うところの「チップ」
置き場ですかね。コアラが愛らしいです。

 


3:思わず長居してしまう空間-CIBI-東京


 

写真を見て頂くと、日本人だけではなくアジア系の方々だったり、フランス系?の方々だったり色々な方々が訪れられているのがわかります。

 

私が行ったのはちょうどお昼時でだいぶ賑わっておりましたが、
実はこの「CIBI」は毎朝8時にオープンします。

なので、朝から元気になれるような朝食が用意され、仕事前の朝ごはんや目覚めのコーヒーを味わいに訪れるお客さんの姿がとても多いそうです。

 


4:CIBI-東京の「あそび」ポイント


 

ここで個人的な私の気になった「あそび」ポイントを一つ。

トイレはカフェの横にあるスペースからトイレに入っていくのですが、

 

どこだかわかりますか??




 

 

ここです!!!!

 

どうでしょう??笑

職業柄こういうところに目がいってしまいます。
単純に木製の棒(バー)を流してカーテンを取り付けています。
たったそれだけなんですが、「木」にフックを取り付けているのです。

なんとも遊び心満載で良いなと個人的に思いました。

もし行かれたらこういう細かい所も見てみたら面白いと思いますよ。

是非あなたも試して下さい(笑)

 

他にもあります。

 

トイレのペーパーホルダーです。
錆びついているのを敢えてそのまま使う。
こういうのもリノベーションの醍醐味です。

古くなったからといって変えずに残す


とても、大事です。

 

 


5:CIBI-東京は”まち”に開かれたみんなの「居場所」


 

時間もお昼だったので常に混雑でした。
席もほぼ常に満員状態。

私はこれを注文。

 

 

❏柚子レモネード(550円)
さっぱりしていて美味しかったです🐦


柚子レモネードを
飲みながらのんびりしていたら、


 

 

 

店員さんも休憩タイムに。

 

お疲れ様です」。


なんだか後ろ姿がとても絵になったので撮らせて頂きました。

本とアンティーク家具、古い倉庫、そういったものが見事に合っていてなんだか「ホッ」とする空間です。

 

他にも 

 

入り口には座れるところだったり、
カウンターが外の壁にくっついていたりしています。

 それは

 

 

こんな感じで自転車で来た方が外に座っていたり、近所のおじいさんが座りに来てコーヒーを飲んだりできるんです。

それがこのCIBIの魅力であり、


「まちの人が来やすいカフェ」=「まちに開かれたカフェ


となっています。


いいですね。こういう所、凄い好きです。

 


6:最後に


もう一度場所を掲載します。

CIBI 東京店

〒113-0022 東京都文京区千駄木3丁目37-11
営業:毎日 8時-18時
TEL&FAX:03-5834-8045

❏東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩3分
❏JR山手線「日暮里」駅より徒歩8分


 



いかがでしたでしょうか。

是非東京都の千駄木にお越しの際はぜひ行ってみて下さい。

下町ならでの面白さ、
昔ながらのおせんべい屋さんもあって私は即買いしました。

なので休日にたまには「外でゆっくりのんびりしたい
という方におすすめです。


カフェの視察などもこれからも続けるので、
引き続きお楽しみに。


ホテルの視察も同様に行っていきます。


 


 

おすすめ記事はこちら↓

箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

 


きういの”まち”づくりについては下記から↓

本当の「まちづくり」の在り方をお伝えします!!!

まちづくりにおいて必要な考え方のご紹介です!!


カフェシリーズはこちら↓

「人を幸せにするカフェ!!-LATTE GRAPHIC-町田」を調査してみた!!

❏「元は黒ネコ倉庫?メルボルン出身のCIBI-東京に行ってみた」


ホテルシリーズは下記から↓。

❏今話題の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた-

これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO7-旭川を調査してみた!!Part-1

❏これも未来のまちづくり!!星野リゾートOMO5-東京大塚を調査してみた!!Part-1


 

きういの自己紹介

私は、建築デザインを大学で学び、卒業後は

建売営業設計で100棟以上の住宅を設計し
建築家のアトリエ設計事務所で建築デザインと建築設計
ベンチャー企業で建築設計とデザイン+まちづくり

今に至ります。

 

もし、これを読んで何か思ったり、”まち”づくりをやりたい。
うちの”まち”づくりを手伝ってほしい。

住宅、カフェ、ホテル、ホステル、コワーキングスペース、オフィス
設計やデザインをしてほしい。

などありましたら、

twitterのアカウントやメールアドレスを掲載しておくので
直接連絡を下さい。ご相談でも全然構いません。

 


私のアカウント等、連絡先は下記になります。


きうい “まち”のば   

https://twitter.com/kiwi_townplaner

kiwitownplanning@gmail.com


 

もっと

まちづくりなどの分かる本が知りたい!

わからない言葉を教えてほしい!

もっと会社を知りたい!と思ったら


 きうい@書籍紹介 

きうい@用語集 

きうい@会社一覧集

を参考にしてみてください!


きうい “まち”のば   


 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です