"まち"を建築を身近にするサイト

本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!Part-2

本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!
BOOK AND BED TOKYO SHINSAIBASHI

今回は「泊まれる本屋」シリーズです。

あのグリコさんや、お好み焼き。たこ焼きが美味しい大阪-心斎橋
そんなところにあの、泊まれる本屋があります。

BOOK AND TOKYOは、本と東京、そして本大好きな日本人のため、「それなら本と泊まれちゃえばいい!!!」そんなコンセプトの元作られた、ホステルです。

では
本好きに人気の泊まれる本屋
BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!!Part-2



Part1を読んでいない人はこちらから⬇

最後まで是非御覧ください(*´`)


この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい



【1】:本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!


まずは基本情報から!!


本好きに人気の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!
内観

 


BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI


住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
HP http://bookandbedtokyo.com/shinsaibashi/
TEL 03-6914-2914
料金 1時間ごと:平日¥500
フリータイム(平日のみ):¥1,500
ベッド利用1時間ごと : ¥777
※全て税抜き価格になります。
※週末、祝日は+¥100となります。
※ベッドプランの受付は14:30までとなります。
※シャワーはご利用いただけません。
料金 SINGLE¥4,818~/1泊
DOUBLE¥7,818~/1泊
SUPERIOR ROOM¥11,181~/1泊
※ダブル、スーペリアルームのみ2名利用可能 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00~ チェックアウト ~11:00
アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます
※全て税抜き価格になります
サービス Wi-Fi 利用無料
貴重品用ロッカー
ソープ類無料
タオル無料
ドライヤー貸出し24:00〜7:00 までは使用できません
荷物預かり チェックイン前チェックアウト後(16:00まで可能です)
耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/Book-And-Bed-Tokyo-Shinsaibashi-248018185866809/
Twitter https://twitter.com/BNBSHINSAIBASHI

 






Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【2】:SHINSAIBASHIは唯一!!カフェ利用も出来ます!!


SHINSAIBASHIは唯一!!カフェ利用も出来ます!!
カフェ受付

この
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI(以下、SHINSAIBASHI)

他の店舗にはない、CAFE利用もできるのです!!

名前は、by BOOK AND BED TOKYO。
宿泊者利用の受付とカフェの受付が兼用で、ここで注文ができます。


SHINSAIBASHIは唯一!!カフェ利用も出来ます!!
BREAKFAST TICKET

朝食は
7:00~11:00まで(ラストオーダーは10:30です)



【3】:インスタ映えなブラックフードがおすすめです!!


インスタ映えなブラックフードがおすすめです!!
黒いピザトースト

実は、instagramなどでも、着々と話題を集めています。

黒いフードメニューが揃うby BOOK AND BED TOKYO。

お皿は、黒が目立つように銀(アルミ)の板でまた格好良く、机とも合っています。そして個人的に一番びっくりなのがおしぼりも黒いんです。

初めて出会いました。

ではこのお店の一番人気メニューはこちら⬇

3-1:一番人気はこぼれるフルーツサンド&ラテ


この投稿をInstagramで見る

#ニワシュオオサカ ⠀ ⠀ 🎊2018/12/8 オープン🎊 【Book And Bed Tokyo Shinsaibashi】 ⠀ 🥄こぼれるフルーツサンド ストロベリー 💴¥550 🥄こぼれるラテ ストロベリー 💴¥580 ⠀ ⠀ ⠀ 泊まれる本屋”Book And Bed Tokyo”がついに大阪に上陸。 黒をコンセプトにしたフードやドリンクを展開していて大阪の女子に超人気のカフェ。 店舗は関東と関西にありますが、カフェメニューがあるのは心斎橋・新宿・浅草! ⠀ 昼過ぎに行くと既に長蛇の列が。 店内は狭いので外の階段で待たされることになります。寒い時期は防寒対策した方が良いです。 ・回転率→鬼ほど悪く、20人待ちほどで2時間半待ちほどでした。 ・対応→店員さんが浅草店以上にファンキーでしたw 多分今まで行ったカフェのどこよりも馴れ馴れしい対応w それが逆にブックアンドベッド の面白いところ。 ・客層→90%が2人組の女子で、あとはカップル。1人で来てる人いなかったです。 ・席→カウンター席とテーブル席あり。カウンターは4席、テーブルも確か2席×4かな?あと外の席もあったけど未知。 ・注意点→現金が使えないので交通系ICカードかクレジットカードでしか払えません。 ⠀ このこぼれるフルーツサンド&ラテが1番人気で、現在では心斎橋店と浅草店のみの提供。 フルーツサンドはオープン型で少し食べにくいけど映えます。ブルーベリーソースがかかってて美味しい。 こぼれるラテは中にストロベリーソースが入っているので少し混ぜながら飲むと良し。甘くて美味しい。 ⠀ もちろんこのお店は宿泊ができます。確か1泊3000〜4000円くらいから泊まれるし、本がいっぱいあって楽しいからオススメ。 関西だとここの他に京都にもあります。 ⠀ ⠀ ⠀ 📍大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 鰻谷スクエア 🚌大阪メトロ 御堂筋線 心斎橋駅から3分 🕑11時〜20時 🗓無休 📞06-4963-3701 🕊@bookandbedtokyo ⠀ ⠀ ⠀ #bookandbed #bookandbedtokyo #bookandbedtokyoshinsaibashi #ブックアンドベッド #いちごサンド #フルーツサンド #いちご #オープンサンド #心斎橋カフェ #堀江カフェ #大阪カフェ #大阪カフェ巡り #大阪スイーツ #京都カフェ #神戸カフェ #スイーツ #カフェ #カフェ巡り #カフェ好き #カフェ活 #おしゃれカフェ #カフェスタグラム #カフェ好きな人と繋がりたい #いいね返し #いいねした人で気になった人フォロー #cafe #l4l #lfl #lb

ニワシュ / カフェ・スイーツ巡り(@niwasyu)がシェアした投稿 –


こぼれるフルーツサンド&ラテが1番人気で、現在では心斎橋店と浅草店のみの提供だそうです!!

・こぼれるフルーツサンド ストロベリー【¥550】
・こぼれるラテ ストロベリー【¥580】

行列ができるほどの人気だそうです!

ちなみに、一番人気の「こぼれるブラックフルーツサンド」は、
京都・裏寺町の人気店「sour」と共同開発された、メニューだそうです。



「sour」
HP:http://sour.jp/


 

3-2:黒いパンでインスタ映えを狙え!!


黒いパンでインスタ映えを狙え!!
ピザトースト

パンも炭入りなのでしょう。真っ黒です。
ソースも黒い

ベシャメルソースにイカスミを入れているとのことで
レシピは「内緒です」と従業員の方がおっしゃっていました。


黒いパンでインスタ映えを狙え!!
カフェラテ

カフェラテも美味しかったです。


黒いパンでインスタ映えを狙え!!
名刺

コースターに使われているのは、SHINSAIBASHIの名刺でこれも
また、かっこいいです。


3-3:インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!


インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!
CAFE

カフェ空間は、規模としては少し小さいですが、宿泊者の方々は、宿泊スペース内部でも食べれますので問題ありません。


インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!
CAFE

以前の記事でもご紹介しましたが↓

BOOK AND TOKYOではグッズ購入もできます!! 例えば、


インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!
コインケース

右側の黒とコインケース(¥864)は人気だそうです。
黄色はSHINSAIBASHI限定です。他には


インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!
パジャマも人気です!

前回もご紹介したパジャマや


インテリアも、グッズも一緒にご紹介します!!
マグカップ

オリジナルのマグカップなど、種類が豊富です。



Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【4】:雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
内観

1日は必ず朝が来て、夜になり、また朝を迎えます。

建築の面白さは、光の入り方や照明、または朝と夜といった時間によっても別の表情が見えるのも面白いところです。

例えば


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
普段の内観

これは夜の写真です。


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
夜の内観

こちらは、消灯し、朝を迎えた写真です。

照明は、一部分のみで、画像のピラミッド奥から、朝の光が入っています。


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
受付が覗けるガラス

朝の光が入るガラス部分は、
カフェやチェックインカウンターがある従業員の方々が働いている所です。
他にも


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
日中
雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
消灯後

こんな違いがあったり。


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
日中
雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
消灯後

まだまだあります。


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
ブックスペース

夜は暗く、小さな書斎のような場所が


雰囲気が変わる、
BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
ブックスペース

こんな感じに開放感あふれる場所になります。

こういう面白さもありますので、ぜひ違いを実際に感じてみて下さい。
建築は朝と夜で全く違う表情を魅せる。とても面白いものです。




【5】:さいごに


BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
内観

いかがでしたでしょうか?

旅人に「本」との出会い発見を与えるホステル。ぜひ皆さんも大阪の心斎橋にお越しの際は是非宿泊してみて下さい。新しい「」や、「」と出会えるかもしれませんよ。もう一度場所を掲載します。


BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI


住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
HP http://bookandbedtokyo.com/shinsaibashi/
TEL 03-6914-2914
料金 1時間ごと:平日¥500
フリータイム(平日のみ):¥1,500
ベッド利用1時間ごと : ¥777
※全て税抜き価格になります。
※週末、祝日は+¥100となります。
※ベッドプランの受付は14:30までとなります。
※シャワーはご利用いただけません。
料金 SINGLE¥4,818~/1泊
DOUBLE¥7,818~/1泊
SUPERIOR ROOM¥11,181~/1泊
※ダブル、スーペリアルームのみ2名利用可能 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00~ チェックアウト ~11:00
アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます
※全て税抜き価格になります
サービス Wi-Fi 利用無料
貴重品用ロッカー
ソープ類無料
タオル無料
ドライヤー貸出し24:00〜7:00 までは使用できません
荷物預かり チェックイン前チェックアウト後(16:00まで可能です)
耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/Book-And-Bed-Tokyo-Shinsaibashi-248018185866809/
Twitter https://twitter.com/BNBSHINSAIBASHI

 



BOOK AND BED TOKYO IKEBUKUROの記事はこちらから⬇



旅行に行かれる際のご予約は・Booking.com がおすすめです✈✨⬇


 

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫ ≫

私がいつも写真を取っているカメラは
SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです📷↓


created by Rinker
¥59,800 (2020/02/25 20:35:52時点 楽天市場調べ-詳細)



↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏本好きに人気の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

きういの”まち”づくりについては下記から↓

❏本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介




28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 


読んでいただきありがとうございました!


まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 

では、ホテルやカフェや建築の紹介、きういがまちづくりの活動をしている大分県日田市のまちのブログを更新していきますので引き続きお楽しみに。



SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です