"まち"を建築を身近にするサイト

心斎橋の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!!Part-1


今回は「泊まれる本屋」シリーズです。

あのグリコさんや、お好み焼き。たこ焼きが美味しい大阪-心斎橋
そんなところにあの、泊まれる本屋があります。

BOOK AND TOKYOは、本と東京、そして本大好きな日本人のため、「それなら本と泊まれちゃえばいい!!!」そんなコンセプトの元作られた、ホステルです。

では
心斎橋の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!!Part-1

です。最後まで是非御覧ください(*´`)

この【まちづくりマガジン】では
【 まち 】の【 地域 】の【  】の【 都市 】の【 ホテル 】や【 カフェ 】 や【 建築 】など【 まち 】にあるモノやコト、

本当の【まちづくり】を【 建築 】をもっと身近にお届けするブログです。

あなたの住んでいる街もまちも家もよく行かれるカフェもたまにのデートで行く美術館も全て建築であり【まち】を【】を【】を構成するひとつです。 それくらい、建築は身近なところにいます。

このブログを通してまちや建築がもっと身近になれば嬉しいです。きうい




【1】: 心斎橋の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!!Part-1


まずは基本情報からです!!!!



BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI


住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
HP http://bookandbedtokyo.com/shinsaibashi/
TEL 03-6914-2914
料金 1時間ごと:平日¥500
フリータイム(平日のみ):¥1,500
ベッド利用1時間ごと : ¥777
※全て税抜き価格になります。
※週末、祝日は+¥100となります。
※ベッドプランの受付は14:30までとなります。
※シャワーはご利用いただけません。
料金 SINGLE¥4,818~/1泊
DOUBLE¥7,818~/1泊
SUPERIOR ROOM¥11,181~/1泊
※ダブル、スーペリアルームのみ2名利用可能 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00~ チェックアウト ~11:00
アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます
※全て税抜き価格になります
サービス Wi-Fi 利用無料
貴重品用ロッカー
ソープ類無料
タオル無料
ドライヤー貸出し24:00〜7:00 までは使用できません
荷物預かり チェックイン前チェックアウト後(16:00まで可能です)
耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/Book-And-Bed-Tokyo-Shinsaibashi-248018185866809/
Twitter https://twitter.com/BNBSHINSAIBASHI

 







【2】:【BOOK AND BED TOKYO-】の種類について


BOOK AND BED TOKYO-についてもちゃんと調査。

既に6箇所もあります。でも単純に系列店でどこも同じという訳ではない。
設計者(デザイン監修者)が違います。

建築は設計者によって全く違うものとなるところが面白いところです。
ここでは内装デザイン(設計者)の方々をご紹介します。


IKEBUKURO
(東京-池袋)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
SHINJUKU
(東京-新宿)
Indigo 軍司沙織
ASAKUSA
(東京-浅草)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
KYOTO
(京都)
谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
SHINSAIBASHI
(大阪-心斎橋)
INTENTIONALLIES
FUKUOKA
(福岡)
Maf(maf)前川敏也

初回の店舗をやった谷尻誠/吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICEが6店舗のうち3店舗のデザインをやっています。

建築やインテリアの面白い所は設計者(デザイン監修者)が違うと全く違うデザイになるのが面白いところですよ。



2-1:FUKUOKAのデザイン




こんな感じです。

FUKUOKAは天井に本のインテリアがありません。
池袋に行ってこちらに行ったらもしかしたら、少しインテリア的には物足りないと感じつつも、実は落ち着いて本が読める空間かもしれません。

本好きの方は是非行き比べてみると面白いですよ!!


BOOK AND TOKYO IKEBUKURO の記事はこちらから↓


Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫

【2】:BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHIを調査してみた!!



ビルの3階に、BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI
(以下SHINSAIBASHI)はあります。

受付はカフェと兼用です。ここで、チェックインをします。

実は全国のBOOK AND BED TOKYOを探しても、SHINSAIBASIにしか、カフェはありません。ではチェックインを済ませて、中へ。



入り口はわざと低く、
高さは1510mm(151cm)×800mm(80cm)のドアでした。


ちなみに壁を叩いたところ!!
建築の構造(梁)があり、やむを得ず下げているのだと思います。(多分。)

叩くとわかるのか!!!

うん。だから結構壁は叩いちゃいます。職業病です( 笑)



入り口はチェックイン時に頂けるICカードでセキュリティ(防犯)しています。
ここにカードをかざして、扉をあける。仕組みになっています。
では、中へ。



の前に、中に入って振り返ってみた写真を。
入り口の扉が低いのがわかりますね!!その隣の高さがある扉は、従業員のチェックインカウンターの扉です。

では。更に進むと!



【3】:本の真っ白なページの世界へ!




おおおおおおお、白い!!



空間全体は白で統一しており、中心のピラミッドの蹴込(脚が当たる所)はゴールド色で統一されています。

本好きの人にはたまらない、本や漫画のページの世界に入り込んだような空間です。

そして、このピラミッド。



勿論、登っちゃいました!!


おお!漫画のページが空を飛んでる!!



漫画の一ページが天井から吊られています。

この漫画の天井のページは全てスタッフさんが自ら、吊るして、設計者と決められたそうです。



3-1:BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHIに来たらお洒落なパジャマがおすすめです!!!



ここでレンタルできるパジャマは、オリジナル商品です。

レンタル(¥540)です。人気商品でもあり、常に貸し出されているそうです。

私はブラックを着ました。



私が着たらこんな感じです。私服でも全然いけますよ!!

モデルさんが着てポーズを決めるとこんな感じです。
写真映えですね!!


画像出展 : https://bnbtstore.thebase.in/items/17414046

ちなみにこちらは販売もしており、普通に買うと23,760円するそうです。(結構いい値段します!)

それを540円で着れるのは、少しだけ幸せな気持ちになります。着心地もとても良く、欲しくなってしまいました。



3-2:宿泊スペース・水回りのご紹介です!!!



宿泊スペースは

❐SINGLE(※¥5200)
約1200mm ×2000mmの広さの空間です。

貴重品は電子の金庫があります。そこは普通のホステルと同じです。
※料金は日によって変動するため、詳細はHPにて確認下さい



実はカップル向けに、個室も在ります。


❐DOUBLE(※¥8400)
130cm x 200cmのダブルサイズベッドのお部屋です
1室料金でお2人での宿泊も可能です

❐SUPERIOR ROOM(※¥12000)
140cm × 270cmのプライベートルームです
1室料金でお2人での宿泊も可能です。

※仕切りはカーテンなため、完全な個室ではございません。
※料金は日によって変動するため、詳細はHPにて確認下さい



レンタルタオル (¥162)、歯ブラシ(¥108)も有料で用意が在ります。



水回りは基本的に男女共用で24時間使用可能です。
ここは他のホステルと同じです!

また、シャワーブースは男女使用出来る場所が決まっています。

※ドライヤーは24:00〜7:00 までは使用できません。


Booking.comとは世界最大の宿泊予約サービスです。

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫ “"
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫


【4】:本と出会える不思議な空間です!!



本は英語版の漫画だったり英語の本だったり絵本だったり。

本は全て、【SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS】さんが選書し、幅広いジャンルをカバーした2,000冊の本が並べられております。

本棚には最大4000冊収納が可能で、「本と出会う。」という感じです。


本好きの人には嬉しい出会いがたくさんあると思いますのでおすすめです!



しばらくボーっとしているとまた一人の本好きの女性が。

中国人の女性でした。客層は女性が多いです。手前の女性二人はずっと写真を取り合っていました(笑)さすが写真映えスポットです!




【5】:心斎橋の泊まれる本屋!! BOOK AND BED Tokyo-SHINSAIBASHIを調査してみた!!!Part-1【まとめ】



いかがでしたでしょうか?

本好きの旅人やカップルに「本」との出会い発見を与えるホステル。
ぜひ皆さんも大阪の心斎橋にお越しの際は是非宿泊してみて下さい。

あたらしい「」や、「」と出会えるかもしれませんよ。
長くなってしまったので、Part-1はここで終えます。

もう一度詳細を⬇



BOOK AND BED TOKYO-SHINSAIBASHI


住所 〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア 3階
HP http://bookandbedtokyo.com/shinsaibashi/
TEL 03-6914-2914
料金 1時間ごと:平日¥500
フリータイム(平日のみ):¥1,500
ベッド利用1時間ごと : ¥777
※全て税抜き価格になります。
※週末、祝日は+¥100となります。
※ベッドプランの受付は14:30までとなります。
※シャワーはご利用いただけません。
料金 SINGLE¥4,818~/1泊
DOUBLE¥7,818~/1泊
SUPERIOR ROOM¥11,181~/1泊
※ダブル、スーペリアルームのみ2名利用可能 ※土日祝前日などは変動あり
チェックイン 16:00~ チェックアウト ~11:00
アーリーチェックイン 13:00~ ¥500/1h
レイトチェックアウト ~13:00 ¥500/1h
当日の空室状況はTwitterでご確認いただけます
※全て税抜き価格になります
サービス Wi-Fi 利用無料
貴重品用ロッカー
ソープ類無料
タオル無料
ドライヤー貸出し24:00〜7:00 までは使用できません
荷物預かり チェックイン前チェックアウト後(16:00まで可能です)
耳栓無料
instagram https://www.instagram.com/bookandbedtokyo/
Facebook https://www.facebook.com/Book-And-Bed-Tokyo-Shinsaibashi-248018185866809/
Twitter https://twitter.com/BNBSHINSAIBASHI

 




旅行に行かれる際のご予約・Booking.com がおすすめです✈✨↓


 

・「当ブログ訪問者の93%が利用している宿泊予約サービスはこちら≫
・「カップルにおすすめのホテルが予約できる話題のサイトがこちら≫
・「ネットで即時予約、安心の現地払いが出来るサイトはこちら≫


次のPart-2の記事はこちら⬇



BOOK AND TOKYO IKEBUKURO の記事はこちら⬇


私がいつも写真を取っているカメラは
SONY-RX-100M3です、軽く綺麗に撮れておすすめです📷↓


created by Rinker
¥59,800 (2020/02/25 20:35:52時点 楽天市場調べ-詳細)


↑↑応援していただける方はクリックお願いします(_ _)


おすすめ記事はこちら↓

❏箱根の自然に泊まれるホテル!!カップルおすすめの「箱根リトリート före & villa 1/f(旧ネストイン箱根)」を調査してみた!! Part-1

❏本好きに人気の泊まれる本屋!!-BOOK AND BED TOKYO-IKEBUKUROに潜入してみた!!-

❏尾道デートにおすすめのホテル!!LOG (ログ)– Lantern Onomichi Garden- を調査してみた!!Part-1

きういの”まち”づくりについては下記から↓

❏本当の「”まち”づくり」とは何か。をお伝えします!!!


きういの自己紹介




28歳東京都在住。神奈川県育ち。

建築デザインを東海大学建築学科で学び、(建築家-吉松秀樹研究室卒)→
建設会社で、建売営業設計を担当、100棟以上の住宅を設計→
住宅会社で飛び込み営業を経験→
建築家の設計事務所で建築デザインと建築設計と”まち”づくりWSを経験→
ベンチャー企業で建築設計、デザイン+ホテル、コワーキングスペースの企画設計運営のノウハウを学び、海外の水族館の設計・企画を担当→
2019年4月よりフリーランスとして活動を開始→日田市で活動開始。
今に至ります。


❏Twitter ID : @kiwi_townplaner
❏instagram: https://www.instagram.com/kiwi_townplaner
❏Mail: kiwitownplanning@gmail.com


 


読んでいただきありがとうございました!


まちづくりマガジン -まちを建築を身近にするサイト-


 


では、ホテルやカフェや建築の紹介、きういがまちづくりの活動をしている大分県日田市のまちのブログを更新していきますので引き続きお楽しみに。





SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です